株式会社酒井建築コンサルタント。広島県広島市西区の建築コンサルタント
酒井建築コンサルタント。広島県広島市西区の建築コンサルタント
ホーム 建物散策 お知らせ スタッフ紹介 会社概要 お問合せ
施工図
よくある質問
リンク集
CM
耐震
環境デザイン
re:
スタッフブログ
酒井ブログ
川原ブログ
冨島ブログ
 
ホームページ作成・運営代行,B-CRAFT


 

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» Re;プラン F−2

目次


Re;プランF2は・・・・?
Re;プランF2の考えは、今ある建物機能を再生し再利用する。

今まで、ビルド&スクラップにて建物の再生産をしてきました。「経済・機能的に老朽化した」と言うことで建物寿命が有るのに解体するのは、環境保護・資源保護から見れば「もったいない精神」に反していると思います。もっと、「今ある資源を大切に」と思います。

一般的には、「リノベーション」を意味します。

たとえば・・・・・

*事務所ビルを賃貸マンション・分譲マンションに変更し再利用。
*社宅・寄宿舎をグループホーム・デイサービスセンターなどの
  福祉施設に再利用。
*倉庫をアウトレットモール・店舗に再利用。
*大型倉庫を郊外型ショピングセンターに再利用。
  等々・・・・

法的には・・・・・?
Re;プランF2は、建築基準法等の申請が必要となります。

基本的には、建築基準法6条の「用途変更」また規模によっては「大規模修繕」「大規模改修」に当てはまります。また関係法令では、消防法等の手続きも必要に成ります。

詳しくは、物件毎に法規確認・事前調査を必ず行ってください。

設備は・・・・・?
 設備機器の耐用年数は・・・・・?

キッチン周り・・・・15年〜20年
トイレ周り・・・・・   同上
給水設備配管・・・・20年〜25年
ガス設備機器・・・・10年〜15年
空調設備機器・・・・15年〜20年
電気設備機器・・・・   同上  (消耗品は別)

   以上 参考年数です。(使用頻度により変わります)
メーカー的には、5年〜10年で補修部品等がなくなります。
また 機能・性能の改善により、耐用年数があっても改修することにより、省エネルギー化することもあります。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
sakai
投稿日時: 2009-2-18 19:38  更新日時: 2009-2-18 19:38
管理人
登録日: 2006-4-12
居住地:
投稿数: 563
 設備改修の必要性は・・・・・?
 設備機器の耐用年数は・・・・・?

キッチン周り・・・・15年〜20年
トイレ周り・・・・・   同上
給水設備配管・・・・20年〜25年
ガス設備機器・・・・10年〜15年
空調設備機器・・・・15年〜20年
電気設備機器・・・・   同上  (消耗品は別)

   以上 参考年数です。(使用頻度により変わります)
 
 
 
酒井建築コンサルタント