株式会社酒井建築コンサルタント。広島県広島市西区の建築コンサルタント
酒井建築コンサルタント。広島県広島市西区の建築コンサルタント
ホーム 建物散策 お知らせ スタッフ紹介 会社概要 お問合せ
施工図
よくある質問
リンク集
CM
耐震
環境デザイン
re:
スタッフブログ
酒井ブログ
川原ブログ
冨島ブログ
 
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
  • カテゴリ Re;プラン //FFS の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - Re;プラン //FFSカテゴリのエントリ

3) Re;Space ・・・・・・・・・ 空間再生

 Re;Space (リー;スペース)・・・・・・・・・  空間再生

<空間再生>とは・・・・・

リフォーム・リニューアル等々呼び名は沢山ありますが、建築基準法・工事仕様書等に記載された工法・仕様がはたして満足されているだろうか?「安易な工法」・「詐欺紛いの仕様」・「誰も確認しない品質」・・・・等々 よくみられるのが現状です。建築を生業としている業者は、自覚し襟を正すべきと思います。弊社は、一級建築士によるデザイン性豊かな空間再生・確かな品質管理を提案いたします。

1. 内装の再生

2. 部分機能の再生

3. 住環境の再生・整備

安易なローコストは、安全性・信頼性・美観等を失う事が多く見受けられます。ローコスト等ばかりを意識しないで、本当に必要と思われる事を助言・提案する事が大切な事と思っております。

 


 
 

2) Re;Function・・・・・・ 機能再生

 Re;Function(リー;ファンクション)・・・・・・ 機能再生

機能再生>とは・・・・・

今まで、ビルド&スクラップにて建物の再生産をしてきました。「経済・機能的に老朽化した」と言うことで建物寿命が有るのに解体するのは、環境保護・資源保護から見れば「もったいない精神」に反しており、もっと「今ある資源を大切に」と思います。

1. 建物を用途変更し、機能の充実・デザインの改修等をする事で再利用をする。

2. 建物面積の増減により、機能性を改善し有効利用をする。

3. 設備等の改修により、現代的な仕様に改修し便利性を高める。

 <機能再生>・・・・・今有るものを生かし、快適な明日へ繋ぐことです。

 
 

1) Re;Frame ・・・・・ 構造再生

 Re;Frame(リー;フレーム) ・・・・・ 構造再生

  <構造再生>とは・・・・

1981年(昭和56年)以前に構造計算をされ、建築された建物を旧耐震基準建物といい、現在おこなわれている構造計算を新耐震基準建物といいます。

違いは、建築基準法で、建物の規模により構造計算方式が変更されている事です。

1. 旧基準の建物を新基準にて再計算し、構造体を再構築し安全を確保する。(耐震改修工事)

2. 増改築等による構造体の耐震バランスの崩れを新基準計算にて把握し、耐震壁等の増設により耐震バランスの再構築し安全を確保する。

3. コンクリート等の劣化を調査・検査等にて確認し、補修・改修することで耐震性・安全性を再構築し安全を確保する。

 <構造再生>・・・・・耐震性能・安全性能を再確認・再構築し、安全を確保する事です。 

 

 

 

 
 

Re;プランの開設

Re;プラン //FFSとは・・・・

私たちが提案する「Re;プラン」は、私たちの目指す「再生」です。
1) Re;Framework ・・・・・ 構造再生
2) Re;Functional・・・・・・ 機能再生
3) Re;Space ・・・・・・・・・  空間再生
 
 。。。私たちの「再生プラン」。。。

    もう時期 スタートいたします。

 
 

リノベーションを・・・・

 仕事も一段楽したので気になる事を。。。。。


<リノベーション>


既存建物の内装を自分のライフスタイルに合わせて改築すること。既存建物の用途変更等により、再構築・再生し付加価値をつけ再利用すること。


単純に・・・・・建物としての機能の再生では 。


リフォームとは・・・ 古くなった内装や設備などを新しくする。


単純に・・・・・今ある空間の再生では。   


新たな展望が見えて来ました。

 
 
 
 
 
酒井建築コンサルタント